パンパステルについて         カラーチャート         製品        テクニック        購入方法        コンタクト         ギャラリー        ビデオ       ブログ

 

パンパステルの使い方      テクニック     さまざまな支持体

使い方はとっても簡単!



パンパステルの使いやすさもアーティストから愛される理由のひとつです。


・準備も容易で作業中の待機時間もありません。
・道具も色も乾ききりません。
・片付けが簡単です。
・消しゴムで綺麗に色を消すことが出来ます。

 


パンパステルは他の色材ともうまく調和します

従来のパステル、鉛筆、チャコール、水彩絵具、アクリル絵具、クラフトペイント等と一緒に使うことが出来ます。
フィキサチフも使うことが出来ます。
パステル用の紙や少し目のある紙ともうまく調和します。
消しゴムで消すことも可能です。

 

パンパステルの使い方

Sofftツールを選び、カバーを合わせます。

円を描くようにしてケースに詰められたパンパステルを拭い取ります。

筆圧やSofftツールの角度を変えて着色すれば、違った効果を発見出来ることでしょう。
酷使しないように気をつけて下さい。

混色する時やレイヤリングする時には、色が濁らないように気をつけて下さい。

綺麗なレイヤリングを作るためには、不透明色から半不透明色へと(濃い色から薄い色)彩色していくのがよいでしょう。

色から色へは素早く移るよう心がけましょう。

スポンジやアプリケーターについた色を乾いたペーパータオルで拭き取れば、Sofftツールは繰り返し使うことが出来ます。

もしパンパステルの表面が他の色で混じってしまったら、スポンジかペーパータオルで混ざった色を優しく拭き取って下さい。

フィキサチフを使って色を定着させてください。

消しゴムで簡単に消すことが出来ます。

 


片付けが簡単 !


お湯と石鹸で洗浄することが出来ます。 Sofftツールはペーパータオルの上に置いて完全に乾かして下さい。

Sofftツールは繰り返し使うことが出来ます。(消耗度によります)

 

 

 

テクニック

パンパステルと全ての色材を使いこなすまでには時間がかかるでしょうが、経験です!新しい効果やテクスチャーを発見して下さい。


基本的なテクニックを紹介します                                   

ブロッキング イン

ビッグオーバルを使って一気に大きな描画面に着色

レイヤリング

 

幾重ものレイヤーや薄いヴェールを作ります。レイヤーごとにフィキサチフを使って色を定着させましょう

ミキシング

ドライ・イン・ドライ 画面上でダイレクトに混色しましょう

ブレンディングとハイライティング

Sofftツールを使って色を混ぜ合わせます

 

グラデーション

自然なグラデーションが作れます。色から色への移り変わりが自然です。

 

マルチローディング

Sofftツールに2、3色とり、ストロークを使って着色します。

Sofftツールに何色も色をとって下さい。薄い色からSofftツールにとりましょう。

 

スティックタイプのパステルと一緒に

パンパステルだけで描くのではなく、スティックタイプのパステルと併せて使ってみてください!すばらしい世界を発見出来ることでしょう

 

クラフト&ホビー

パンパステルはアシッドフリーで、消しゴムスタンプや、ペーパークラフト、ステンシル等の様々な用途にご利用いただけます。